最近のスタイル

参列者

近年、直葬という言葉をよく耳にする機会が増えました。直葬とは、葬式を行うことなく火葬のみを執り行う葬儀のことです。直葬は身内だけで行ないますが、家族葬や密葬とは意味合いも内容も異なっています。火葬のみの直葬を選択する理由は様々ですが、亡くなった故人に知人や親族が少ない場合や、費用をかけたくない場合、葬儀に必要性を感じていない人や故人自身の意志など、多種多様な理由から直葬のみを選択する人も少なくないのです。直葬のみだと、風習的な観点から故人に対する哀悼の想いが無いと感じ取られてしまうこともありますが、お寺でお経を読んでもらうこともできますし、無宗教でも行うことができるため、最低限の供養は行うことができます。また、遺族が故人との時間を大切にするために行われる葬儀は家族葬です。お通夜や葬式などは慌ただしく過ぎていきます。ゆっくりお別れを告げたいという遺族には最適の葬儀方法と言えます。

また、最近では伝統にとらわれない自由な形式の葬儀も人気となっています。葬式で故人が好きだった音楽や映像を流したり、時には生演奏でBGMを奏でることもあります。ロビーには生前の故人の想い出の品や写真を展示するケースも多く、祭壇の飾り付けに関しても色鮮やかな生花を用いて明るく演出することが増えました。無宗教のお別れ会と言う形を選択する人も増えており、葬祭ホールなどの葬儀を行う施設を会場とするのではなく、ホテルなどの大広間を使用して自由な形式で行っています。埋葬に関しても、今までのお墓に納骨するという形式にとらわれることなく、散骨や樹木葬、宇宙に骨を打ち上げる宇宙葬まで登場しています。自由なアレンジが認められ広く受け入れられており、こうした変化に柔軟に対応する葬儀社も少なくありません。また、今までは人並み以上の葬式を行うような風潮がありましたが、最近では極力無駄を省いて費用をかけずに葬儀を行うという合理的な考えの人も多くなっています。事前に相談に出向く人も増えており、葬儀業界全体に変化が起きています。