種類の豊富さ

会場

今や葬儀は、遺族や故人などの依頼する側のニーズに合わせた方法が一般的となっており、柔軟性のある対応や工夫が求められています。相模原市ではこうした時代のニーズを敏感に感じ取り対応している葬儀社が多く、希望に沿った方法を提供しています。宗教や規模、スタイルによって形式は大きく異なるため、誰が主宰で行うのかで分類すると、社葬、個人葬、合同葬、団体葬に分けることができます。社葬は企業の創業者を始め、重役が亡くなった際に企業が主宰して行う葬儀です。遺族が主宰して行う場合には個人葬と言われ、企業や遺族以外の団体が主宰で行う場合には団体葬と呼ばれます。個人葬とは異なり、社葬は企業が行うため規模はとても大きくなります。会葬者も多いため、準備にかかる日数は長くなります。亡くなった直後は個人葬として密葬を行ない、1ヶ月か2ヶ月してから本葬として社葬を行うのが一般的とされています。そうした準備はとても労力を必要としますが、相模原市などにある社葬を専門に行う葬儀社では、始まりから終わりまでしっかりサポートしてくれます。

合同葬は、企業や遺族が合同で葬儀を行うスタイルです。個人葬と本葬を一緒に行ないます。また、二つ以上の企業や団体が合同で行う葬儀も合同葬と呼ばれています。合同葬は通常の社葬に比べ費用を抑えることができるというメリットがあります。費用は規模が大きければ大きいほど高くなっていくため、合同葬という新しい葬儀が登場してからは、社葬を行わなかった中小企業なども社葬を行うケースが増えているのです。相模原市に点在する葬儀社などのように、時代のニーズに合わせて多様に取り組みを行える会社が求められています。遺族や故人の希望は勿論、社葬や合同葬などの規模が大きく準備期間が掛かってしまう葬儀は、準備を一緒に執り行ってくれる葬儀社がとても重要な役割を担っているのです。